なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ヤマト繋がるプロジェクト

大学生×ヤマト社員×福祉施設
コロナ禍でもつながり続けるために、オンラインを使ったボランティア活動を展開します。

ヤマト繋がるプロジェクトとは、、

当企画は、社会人と学生が繋がり多くの気づきが得られる協働の場を作ることを目的とし、
コロナ禍でも地域の福祉活動に貢献するとともに、
参加者のボランティアへの関心・地域への関心を高めることを目指しています。
大学生とヤマト社員さんが連携し、0から企画して作り上げたプロジェクトです。


プロジェクト内容

連携先:障害児者サークル ラビッツ
1

コロナで大忙し⁈慌てんぼうのサンタさんを救え!

企画趣旨:ラビッツの子供たちとボランティアがクリスマスツリーの飾りを協力して作り、その飾りをツリーに飾ってお披露目します。
① クリスマスツリーの飾りをつくる
日時:10/30(土) 14:00~15:30(予定)
場所:横浜市港北区社会福祉協議会
参加形式:対面参加とオンライン参加の両方
内容:ストーリーを子供たちに説明後、ヤマト社員さん、学生、子供たちの間で交流しながら一緒にクリスマスツリーの飾りの工作をする。

② 飾りつけをしたクリスマスツリーのお披露目をする
日時:11/27(土) 14:30~15:30(予定)
場所:障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
参加形式:対面参加とオンライン参加の両方
内容:サンタさんが登場し、飾りを作ってくれたお礼を伝える。
そして、完成したクリスマスツリーをお披露目する。

③ 完成したクリスマスツリーを展示する
公共の場所でツリーの展示を行うことで、参加者が気軽にツリーを見に行き、企画による達成感をより一層感じられるようにする。
連携先:磯子区障害者地域活動ホーム

作って・送って・繋がろう

アートを通じて、「障害者と健常者」というような境目のない空間をつくり、活動ホームさんの利用者さん・ヤマト社員さん・学生間の新たな繋がりをつくる。

① おまじないグッズの開封と作成
日時:10/27(水) 13:00~15:00(予定)
場所:磯子区障害者地域活動ホーム
参加形式:対面参加とオンライン参加の両方
内容:おまじないグッズの開封・作成・話し合いなどを行いながら、施設の利用者さんと交流を深める。対面参加者とオンライン参加者をおまじないグッズという共通の話題で繋げる。

②タップダンスを共に楽しむボランティア
日時:11/10(水) 13:00~17:00(予定)
場所:杉田劇場
参加形式:対面参加とオンライン参加の両方
内容:対面参加者は劇場にて、オンライン参加者は自宅等にてタップダンスのワークショップを受け、様々な人と交流する。
連携先:洋光台地域ケアプラザ
3

つくって あ・そ・ぼ

「作る→遊ぶ→使ってもらう」の3段階を通して、障害者と地域住民の繋がりを促進する。ゲームは普段使用するものよりも大きいサイズで作成し、非日常的なゲームを楽しめるようにする。

① ゲームをつくる
日時:11/13(土) 14:00~15:00(予定)
場所: 洋光台地域ケアプラザ
形式:対面参加とオンライン参加の両方
内容:オセロ・ジェンガ・神経衰弱のゲームパーツを、オンラインと対面の両方で交流を深めながら作成する。

②ゲームで遊ぶ
日時:11/21(日) 13:00~15:00(予定)
場所:洋光台北団地芝生広場(雨天の場合は洋光台第一小学校)
形式:対面のみ(オンラインで遊んでいる状況は配信予定)
内容:①にて作成したゲームを実際に使って遊び、交流を深める

③ゲームを送る
期間:特になし
場所:未定(現在、担当者さんとリサーチ中)
内容:地域に開かれている場所(高齢者施設・芝生に併設のカフェ等が候補)に、これまでのプロセスやルールの説明とともに渡し、その施設などで使用してもらう。
小見出し

プロジェクトができるまで

5月〜
月1回運営会議を実施
ヤマト社員さんと学生、そして関係者の皆さんとの会議を月に1回、学生のみで進捗を報告する会議を2週間に1回開き、企画をしているメンバー全員で一体感を持って企画に取り組める体制を確立した。
また、進捗報告だけではなく、プロジェクトに対する想いを共有する場を設けることで、5か月にわたる準備期間のモチベーション維持に努めた。
8月〜 施設との調整会議を実施
共に企画を考え、実行してくださる施設へヒアリングに伺い、コロナ禍での地域のニーズに基づいた企画の実施のために企画学生が調整を行った。また、企画実施間近の時期には、ともにオンサイトで打ち合わせや準備をしていただいた。
8月〜 施設との調整会議を実施
共に企画を考え、実行してくださる施設へヒアリングに伺い、コロナ禍での地域のニーズに基づいた企画の実施のために企画学生が調整を行った。また、企画実施間近の時期には、ともにオンサイトで打ち合わせや準備をしていただいた。
小見出し

運営体制

主催:NPO法人アクションポート横浜
助成:公益財団法人ヤマト福祉財団
協力:ヤマト運輸株式会社労働組合・横浜市ボランティアセンター・障害者支援センター・障害者スポーツ文化センター横浜ラポール・障害児者サークルラビッツ・洋光台地域ケアプラザ・磯子区障害者地域活動ホーム

お問い合わせ・事務局

NPO法人アクションポート横浜
〒231-0023
横浜市中区山下町94番地 横浜中華街パーキング協同組合内
○メールアドレス info@actionport-yokohama.org